JAL、6・7月は燃油サーチャージ据え置き


日本航空(JAL)は、6月1日から7月31日までの間に発券する日本発の航空券について、現行の燃油サーチャージ徴収額を据え置くことを発表しました。
燃油サーチャージは出発日(搭乗日)ではなく、実際に航空券を購入(発券)した日で決まります。
6月と7月発券分の燃油サーチャージ、ハワイ線は片道4000円(往復8000円)。

2016年4月から日本発航空券の燃油サーチャージを廃止、その後、今年2月の発券分から徴収を再開しています。


WSH Hawaiiでは航空券だけの手配も承ります。
「おおよその料金だけでも知りたい」という方も大歓迎!
とりあえず、見積依頼してみませんか?
◆WSH Hawaii-航空券のお見積はこちらから
http://hawaiiwsh.jp/mail/air-mail/

関連記事

  1. ホテル選びの5つのポイント-その4.カテゴリー

Facebookホワイトサンズ

PAGE TOP