JAL、ANA 6月以降も燃油サーチャージをゼロに、2016年7月31日発券分まで


Aloha~
ワイキキの隠れ家『ホワイトサンズホテル予約事務所』です。

日本航空(JAL)と全日空(ANA)は2016年7月31日までの国際線発券分について、引き続き燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を廃止することを発表した。

航空燃料のシンガポールケロシン市況価格2カ月平均が、円貨換算額6000円を下回る場合には燃油サーチャージを廃止するとしていて、2月から3月までの2ヶ月平均値が5,066円だったことから引き続き徴収を行わないことになった。

今回の決定は、6月と7月の発券分を対象としたもので、4月から燃油サーチャージがゼロになり、4ヶ月連続で徴収しないことになる。

燃油サーチャージがゼロに加え、円高。
この機会に、海外旅行を計画される方が増えるのではないでしょうか?

 

関連記事

  1. WSH Hawaii-ホワイトサンズホテル
  2. WSH Hawaii-ホワイトサンズホテル

Facebookホワイトサンズ

PAGE TOP